Topics

大学生と九州電設のコラボで、地域に「住まいる」を!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月より、「ベンチャー起業論・breakthrough」のプログラムを活用して、
大学生をインターンシップとして受け入れ、共同プロジェクトに取り組んでいます。

通常のインターンシップは企業が用意し、説明を聞いてもらうことがメインですが、
このプログラムでは、学生が経営者や取引先、顧客などに取材を行い、
企業や社会の問題解決を行います。

今年度は、「住まいるプロジェクト」として始動し、18名の学生が参加して頂いています。
家や住まいではなく、「くらし」。そして、住まいでの笑顔、「住まいる」を届ける。
という強い想いを持っています。

これから、九州電設とともに「くらしのドクター」事業の拡大に取り組んでいきます。

▼ベンチャー起業論・breakthrough▼
▼「住まいるプロジェクト」活動の様子はこちらから▼

関連記事

ページ上部へ戻る